検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

お聞き逃しのないように:ワールドプレビューウェビナーで学んだ3つのこと

報告書を読んだり、インフォグラフィックをじっくり読んだりしたかもしれないが、「Evaluate World Preview」報告書の真髄に触れるには、ウェビナーに参加するのが一番だ。

このウェビナーでは、報告書のデータのハイライトを共有するだけでなく、私たちが「製薬業界は不確実性の時代」と宣言するに至った製薬業界の大きな問題について、プレゼンターが実際に議論する機会を提供しました。 でも、もし見逃したのなら、私たちにお任せを。

まず、オンデマンド録画は現在視聴可能なので、できるだけ早くご覧になることを強くお勧めする。 その瞬間を見つけるまで、このセッションで学んだ3つのことを紹介しよう。 発表者は、報告書の著者であるメラニー・シニア氏、報告書の寄稿者であるダニエル・チャンセラー氏、そしてEvaluateコンサルタントのポール・ヴァーディン氏。

さて、今回のパネルで私たちは何を学んだのだろうか?

    1. インフレ抑制法は実現する
      必然的に、私たちのチームはまず最大の問題に取り組まなければならなかった。 業界を不安にさせる代表的な原因のひとつがインフレ抑制法(IRA)である。 最近、CMSによる価格交渉の対象となる最初の医薬品の名前が発表され、事態が明らかになった。 しかし、このリストは交渉が始まる前に変更される可能性があり、法案の制定を阻止しようとする訴訟がまだ起こされている。 メラニー・シニアは水晶玉を取り出すことを避けたが、「IRAの政治的な勢いを考えれば、IRAがなくなることはないだろう。しかし、少し遅れる可能性はあります。製薬業界にとっては、延期は勝利とみなされるかもしれません」。
    2. ディールメーキングは続くだろう-しかし力学はより複雑になるかもしれない
      IRAは、どのターゲットが最も魅力的かという点で、すでにディールメーキングに影響を及ぼしているが、それでもディールは続くというのが我々のパネリストの意見であった。
      ポール・ヴェルディンは、2023年上半期にすでに800億ドル以上のディールメーキングが行われたこと、ほとんどのバイオテクノロジー企業にとってIPOの窓は閉ざされたままであること、そして多くの大手製薬企業がまだ現金を手元に残していることを思い出させた。 つまり、M&Aは依然として前進する道なのだ。 アムジェンとホライゾンの取引に対するFTCの異議申し立て(最終的に不成立に終わった)は、規制当局が関与する最後の機会にはならないだろう。 より多くの弁護士、より多くの書類、より多くのお役所仕事をこなさなければならなくなる可能性があるため、取引はよりリスキーになり、より時間がかかる。
    3. たとえそのように感じても、永遠に続くものはない
      出席者からの質問のひとつに、バイオテクノロジーが現在も抱えている資金調達の問題があった。
      EYが6月に発表したところによると、バイオテクノロジー企業の55%が、あと2年間事業を継続するのに十分な資金しか持ち合わせていない。 しかし、我々(いや、パネル)は、これが業界の暗い未来の兆候だとは思っていない。 卓越した新しい科学と技術革新が行われており、そのための資金もある。 プライベート・エクイティやベンチャー・ファイナンスは、適切な機会があれば何十億という資金を投じることができる。 しかし、市場は循環的なものであり、すべての企業が現在の厳しい状況を乗り切れるとは限らないが、それが永遠に続くわけでもない。

ウェビナーにはもっともっとたくさんの内容がありましたので、オンデマンド版をご覧ください。

オンデマンド・ウェビナーを含む、あらゆる形でのワールド・プレビューの詳細については、ワールド・プレビュー・ハブをご覧ください。

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.