検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

お聞き逃しのないように:2024年プレビューウェビナーで学んだ3つのこと

私たちが注目したのは、2024年プレビューという、これからの1年間のトップ医薬品、企業、上市の可能性などを調査した年次報告書である。 ウェビナーでは、2024年の製薬とバイオテクノロジーにとって何を意味するのか、私たちのチームがハイライトをいくつか紹介し、データの背景にあるストーリーをいくつか議論した。 モデレーターにメロディ・マーデン氏、プリンシパル・コンサルタントのツァン・ツァン氏、そしてウェビナーの常連であるソートリーダーシップ・ディレクターのダニエル・チャンセラー氏を迎えた。

すべてのデータはレポートでチェックできる。では、セッション中のパネルから何を学んだのか?

  • 製薬市場は今、かなりダイナミックだ
    最も売れている医薬品と、2024年の売上高上位企業のトップ10を見ると、上位に変化が見られる。 ダニエルは、今は薬が驚くほど早く上市される時代(例えば、コビッド19ワクチンや最近のGLP-1薬)だが、同時に早く消えていく時代でもあると指摘した。 バイオシミラーは市場シェアを獲得する上でより効果的になりつつあり、独占権が失われると、ブロックバスターの売上をより早く削ることになる。 企業別では、2024年にGSKがトップ10から脱落し、ノボ・ノルディスクに取って代わられる。
  • 大病に効く大型薬に期待
    今年最も発売が期待される製品のリストには、大きなアンメット・ニーズと潜在的な需要を示す、実に大きな兆候がいくつかある。 統合失調症、NASH、アルツハイマー病は、長年にわたって膨大な研究開発の対象となってきたが、ようやく成功が見えてきたようだ。 これは、多くの分野、特に腫瘍学で見られるようになった、より標的を絞った治療のトレンドに逆行するものだ。 これらの治療法が市場に出回れば、ブロックバスターとなる可能性がある。
  • 革新は強い
    私たちは、その年の最大の新規売上創出企業を調べたが、そのリストに含まれるエキサイティングな新しいモダリティに注目するのは興味深いことであった。 生物学的製剤や複雑な薬剤はたくさんあったが、二重特異性抗体(ロシュのバビスモ)や抗体薬物複合体(第一三共/アストラゼネカのエンヘルトゥ)を初めて目にした。 これらは、臨床科学を基礎とするだけでなく、商業的にも大きな影響を与える可能性のある、実に洗練された新薬の好例である。

まだ十分でないのであれば、パネルディスカッションでは、キイトルーダがすでに世界で最も売れている医薬品であるにもかかわらず、いかに新たな売上を生み出し続けているか、また、精密医薬品が普及するにつれて、企業はより細分化された市場をどのように管理する必要があるかについても議論された。 このウェビナーのオンデマンド・バージョンにすべて収録されているので、1時間でもお時間があればお聞きいただきたい!

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.