検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

クイックビュー第3四半期のバイオ医薬品ディールメイキング

今年の前半は有望だった。 第3四半期もその傾向が続いたのだろうか? まあ…

Quick-View-Biopharma-Dealmaking-Q3-featured-image

今年の半ばにバイオ医薬品市場の現状をまとめた記事を読んでくださった方は、足取りが軽くなったとは言わないまでも、少しは元気になったのではないだろうか。 特にM&Aは、6月末までにすでに800億ドル以上の取引が成立しており、2022年通年の数字を上回る勢いである。 IPOはまだ鶏の歯のように珍しく、持てる者と持たざる者の間には明確な境界線があったが、希望の光はそこにあった。

我々は最近、第3四半期の分析を発表した。楽観論が見当違いだったと言うのはフェアではないが、最近の厳しい環境が過去のものとなったとは考えられない。 いつものように、Evaluate PharmaのデータからM&A、IPO活動、ベンチャーファイナンスの現状を考察してみた。

新レポートにはたくさんのデータや分析が掲載されているので、ぜひご覧いただきたいが、ここではそのハイライトを簡単に紹介しよう。

M&A

良いニュースは、M&Aの地平線に残るハードルがひとつクリアされたことだ。 FTCはアムジェンとホライゾンの取引を阻止する訴えを取り下げ、両社は2022年から最大の取引を完了させることになった。 しかし、FTCが今後の取引にどのように介入するかについては、まだ不透明な部分がある。 第3四半期には24件の買収が発表されたが、そのほとんどが小規模で、バイオジェン社のリータ社買収は280億ドル全体の4分の1以上を占めている。 半期のデータでは、2019年以降で最も忙しい買収の年になることが示唆されたが、そうなるには最終四半期に多くの重い仕事が待っている。 とはいえ、12カ月前なら、多くの業界関係者は中途半端な成績に甘んじていただろう。

新規株式公開

このギシギシという音は? 長い間閉ざされていたIPOの窓がようやく開いたのかもしれない。 7月から9月にかけて上場した企業はほんの一握りだったが、それは一歩前進だった。 少なくとも何人かはそうだった。 その多くは、浮揚後の数週間で当初の評価を下げたが、早急にその地歩を回復したいところだろう。 欧州は依然としてIPOの砂漠である。

ベンチャー・ファイナンス

資金調達は依然として難題であり、VCのデータでは、民間資金を調達するバイオ医薬品企業の数が前四半期比で減少している。 バイオテクノロジー企業の多くが2年以内に資金不足に陥ることが予想され、これは懸念すべき事態である。 しかし、IPOやM&A活動が回復し、支援者に出口が提供されるまでは、ベンチャーキャピタル投資家は投資先企業に長期間資金を提供しなければならない。

全体的に見れば、これほど悪い写真ではないが、奇跡的な回復でもない。 インフレ抑制法や地政学的情勢が厳しさを増していることなどから、短期的・長期的な計画が困難になっている。 しかし、パテントの崖はディールメイキングを促進する強力なきっかけとなり、今年を力強く締めくくる期待が残されている。

詳細と分析については、我々のレポートとインフォグラフィックをご覧ください!

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.