検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

今月のバイオサイエンス案件 – Kite & Arcellx

2022年12月、カイトとArcellx社は、Arcellx社の多発性骨髄腫製品候補であるCART-ddBCMAを開発・商業化する契約を締結した。

この候補は現在第2相臨床開発段階にあり、遺伝子組換え自己T細胞からなる細胞療法製品である。 この提携は、アルセルクス社の有望なCART-ddBCMA療法とカイト社の細胞療法における専門知識とリーダーシップを結びつけるものです。 アーセルクスは2億2500万ドルの契約一時金と1億ドルの株式投資を受ける。 さらに、5/23の10-Q報告書によれば、アーセルクスは臨床、規制、商業マイルストーンとして総額14億7000万ドルを受け取る資格がある。 CART-ddBCMAの開発、臨床試験、商業化にかかる費用は両社で分担し、製品から得られる米国の利益は折半する。

2022年12月、カイトとArcellx社は、Arcellx社の多発性骨髄腫製品候補であるCART-ddBCMAを開発・商業化する契約を締結した。

契約の詳細はこちら

BioSciDBの詳細はこちら。

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.