検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

患者中心主義:COVID-19の予期せぬ遺産

コヴィド-19の真の意味での広範囲に及ぶ遺産を理解するには、世界はまだ長い道のりを歩んでいる。 パンデミックへの対応に関する議論は今後も続くだろうが、よりポジティブな影響をもたらした分野もある。

デジタルヘルスツールと遠隔医療はすでに台頭していたが、Covid-19が触媒となり、技術革新と導入が促進され、業界の重要な取引が相次いだ。 フォーティヴは最近、患者追跡と臨床ワークフローソフトウェアを提供するプロベーションを買収し、バクスターはヒルロムを買収した。

多くの取引の経済的な成功はまだ証明されていないが、ある勝者は明らかになりつつある。 キャリアの大部分を顧客中心主義に費やしてきた者として、これは共鳴できる分野だ。

患者中心主義は、しばらくの間、医療と製薬のエコシステムにおけるテーマであり、競争上の優位性をもたらす大きな可能性を秘めている。 消費者として、人々は自分たちが取引する企業から話を聞いてもらえることを期待しており、その期待は患者としての生活にも及んでいる。 デジタル革命は、患者が自分の健康を “所有 “する能力を加速させるだろう。

最新のデジタルヘルスと医療技術の進歩が、患者中心主義に明白な影響を与える3つの主要分野がある:

アプリ:食事からデートに至るまで、地球上のあらゆる人間活動に欠かせないツールであるアプリは、ヘルスケアにおいても重要な役割を果たすようになっている。 実際、患者団体の70%が、会員が自分の症状を管理するために少なくとも1つのアプリを使用していると回答している。 昨年、グーグルはDerm Assistアプリに初のCEマーク(クラス1医療機器)を取得した。 そしてファイザーは、処方箋アプリ開発者と提携した大手製薬グループの最新のひとつである。 直近では、ベター・セラピューティクスが臨床データの活用に注力することで、一部のアプリ開発者の運命を回避するという興味深い展開を見せている(ただし、株式公開後の価値の80%下落は、おそらく「困難」に値するだろう)。 利用可能な “健康 “アプリは推定26万種類もあり、その多くは臨床的価値が疑わしいが、患者のエンパワーメントを文字通り患者の手に委ねるという点では大いに価値がある。

遠隔治験:パイプラインから処方までの道のりの初期段階において、デジタルツールは参加者にとって治験へのアクセスをより迅速かつ容易にしている。 ノバルティスが2018年に “デジタル革命 “にコミットしたことで、この計画はすでに予定されていた。 在宅治験は、パンデミックの副作用として今後も続くと広く予測されており、多くの一時中止された治験がパンデミックの途中で再開できた主な理由である。 克服すべきハードルはあり、すべての治験を遠隔で管理できるわけではないが、治験を患者に提供できることは、臨床研究の民主化において一歩前進である。

コネクテッド・ケア患者自身の健康状態を明確に把握するために患者のデータを集約したり、連携やイノベーションを強化するためにプロバイダーのネットワークを接続したりするなど、データを接続することが患者中心主義の中心にある。 未来の患者は、自分の健康を取り巻く事柄をより総合的に理解することを求めるようになり、そのような要求に応えるためには、(機械学習を駆使した)データ統合が不可欠となる。 デジタルネイティブ(および高齢者)は現在、ウェアラブルを使用して自分の健康状態のさまざまな側面を進んで追跡していることを考えると、このようなデータを医療情報と組み合わせることで、患者が真ん中に位置する強力な画像が構築されることになる。

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.