検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

病めるときも、健やかなるときも:CDMOと製薬企業の関係

製薬会社やバイオテクノロジー企業がCDMOに注目する変曲点は2つある。 ある例では、地域的または段階的な生産能力を創出するための技術移転であり、単一ソース製造プロセスのリスクを軽減するのに役立つ。 リスクがないとは言えないが、比較的簡単だ。

しかし近年では、新薬のライフサイクルのかなり早い段階でCDMOパートナーを求める企業が増えている。 つまり、より多くのことを一緒に経験することになるため、その関係を正しく築くことが非常に重要なのだ。これは、2人の距離を縮めるかもしれないが、同時に、2人が進むにつれていくつかの荒波に見舞われることも意味するだろう。

パートナーになる2人は、どうすれば相性がいいことを確認できるのだろうか? CDMOと製薬会社が “I do “と言い、共にライフ(サイクル)を歩むことを約束する前に、交際プロセスを通じて明確にしておく価値のあることがいくつかある。 製薬会社が考えるべき3つの質問、そしてCDMOが正直に答える準備と能力が必要だと思う。

1.すべてのニーズを満たす能力があるか? 新薬開発の初期段階であるフェーズ1や前臨床試験から関係を始めるのであれば、共に歩む道はもっと長くなる。 CDMOの “M “はずっと先の話なので、”D “に集中する必要がある。 あなたのパートナー候補は、あなたの開発ニーズをすべてカバーすることができますか? その会社は、あなたが必要とするあらゆるサービスを提供していますか? あなたのスケジュールに合わせてくれるか? 必要な規制のマイルストーンに合格するために必要なものを持っているか? 面倒な離婚の最中に再婚を求めるような事態は避けたいものなので、長期的な視野で関係を見極めるようにしましょう。

2.成功を後押しする適切な専門家がいるか? 施設は必要不可欠だが、多くの企業にとっての課題は、適切なスキルを持つ人材を見つけることである。特に、細胞治療や遺伝子治療のような複雑なプロセスを扱う場合はなおさらだ。 バイオファーマのホットスポットの多く(ボストン、ダブリン)では、高度なスキルを持つチームメンバーに対する大きな需要があり、それが競争と高価格を引き起こしている。 興味深いことに、テキサス州オースティンやアドリア海の一部など、熟練した卒業生を擁する地域がCDMOの拠点として注目を集め始めている。 しかし、施設を立ち上げるには莫大な費用がかかるため、バランスを取る必要があり、疑問もある。

3.困難を共に乗り越える経験があるか? 医薬品開発において確実なことはほとんどないが、承認までの道のりが直線的でないことは保証されている。 パートナーと協力してハードルを乗り越え、命令に従う以上のことができるか。 CDMOが重要なマイルストーンを達成することを期待することは、どのような関係においても重要である。 しかし、物事が計画通りに進まないとき、彼らはそれを実行できるのだろうか? 何か予期せぬことが起こり、それが彼らの能力を超えるものであった場合、新たな課題に対処するための追加的なパートナーはいるのだろうか? 革新的な新しいアプローチを発見した実績があるか?
健全な製薬会社とCDMOの関係を理解する上で、私たちファイザーCentreOneは有利な立場にあります。 ファイザー社内に組み込まれたことで、厳しい状況でも豊富な専門知識と経験を活用し、お客様のニーズにお応えすることができます。 お客様の製品およびビジネスにデジタル保護とIP保護を提供します。 さらに、私たちが遭遇する課題は、ファイザー自身が直面したことがあるものであることがよくあります。その点で、私たちは何度もブロックの中を回っており、お客様のニーズに合ったソリューションを見つけることを目指しています!

私の同僚であるジェニー・ガタリは、Evaluateが近日中に開催するウェビナーで、パネルディスカッションに参加する予定だ。 もし可能であれば、セッションに参加し、救命治療が患者にとって必要な時に確実に届くよう、より長期的で緊密な関係を構築するためにCDMOとその顧客が直面している課題について、より詳しく知っていただきたい。
トム・P・ウィルソンは、ファイザー・センターワンのグローバル契約製造リーダー担当副社長である。

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.