検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

2024年プレビュー我々はまだそこにいるのか?

投資家心理が悪化の一途をたどった1年を経て、2024年はより前向きなスタートを切った。 先週のJPモルガン・カンファレンスでは、パートナーシップや買収の発表が相次いだ。 もし終わりが見えているのなら、2024年には何が待っているのだろうか?

2024年プレビュー・レポートでは、その答えを導き出すべく、来年を占うビッグヒッターの数々を数字で検証している。 リストがお好きな方は(お好きでない方もいらっしゃるかもしれませんが)、売れ筋トップ10と最大手企業を予想していますので、一見の価値があります。 私たちはまた、最も大きな可能性を秘めた新製品や、パイプラインにある最も価値のある研究開発プロジェクトについても調査します。

ノボ・ノルディスクのオゼンピックがトップ10にランクインしていることを知れば、誰もショックを受けないだろう。 しかし、興味深いのは、ノボ社のセマグルチド(オゼンピック、ウェゴビー、ライベルサス)の売上高をすべて合わせると、全体の売上高がチャートトップのキイトルーダの売上高を上回ることだ。 イーライリリーのチルゼパチド製品(モンジャロとゼップバウンド)を組み合わせると、ウェゴビーに次いで2位になる。

その性質上、このレポートは最大の商業的可能性を秘めたプロジェクトや企業に焦点を当てているが、こうした超大作以外にも多くの活動がある。 遺伝子治療は今年もバイオファーマの関心事であり続けるだろうが、商業的な可能性には疑問が残る。 アベオナ社のプラデマジェン・ザミケラセルは、壊滅的な皮膚疾患である表皮水疱症に対する初の遺伝子治療薬であり、今年中に承認される予定である。 また、遺伝子編集を用いた最初の治療法であるバーテックス社とクリスプル・セラピューティクス社の鎌状赤血球治療薬キャスジーは、英国と米国での承認に続き、世界展開を開始する予定である。

その他では、特にFDAが指摘した安全性の問題以降、Car-Tテクノロジーがテーマとなりそうだ。 このことは、Car-Tがガンから自己免疫疾患へと移行する際に影響を及ぼす可能性がある。 狼瘡のような疾患における初期のデータは、今年のこのセクターにとって大きな焦点となるだろう。

この報告書には多くの示唆に富む内容が含まれており、さらに今年後半には、さらに多くのことをフォローアップする予定である。 報告書のデータのハイライトをざっとご覧になりたい方は、こちらのインフォグラフィックで ご覧いただけます。

そうこうしているうちに1月に突入し、もう少しの間、子供たちを車の後ろに乗せておくことができれば、「はい、今着いたよ」と言えるかもしれない。

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.