検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

2028年の医療技術:COVIDの二日酔いに苦しむか、喜ぶか?

最新レポートでは、今後数年間の医療技術市場の展望を紹介する。

 

コビッドが医療技術業界に多大な影響を与えたというのは自明のことのように思えるが、自明だからといってその発言が真実でなくなるわけではない。 コビッドの検査キットが工場から出荷され、いくつかの医療技術関連企業は豊作の年を迎えたが、一方で手術のキャンセルが相次ぎ、他の企業は同じような景気浮揚を感じられなかった。 世界のほとんどの地域でパンデミックが後退し、リセットは不可避だった。

Evaluateの医療技術専門家たちは、独自の予測を用いて2028年までの展望を予測する「Medtech World Preview」レポートの最新版の作成に取り組んでおり、次に何が起こるかに大きな関心を寄せている。

このデータによって業界に激震が走ったというわけではないが、読み物としては面白い。 私たちは着実な成長を予測しており、ここ数年の混乱を経て、多くの業界関係者の耳に心地よく響くことだろう。 当然ながら、その成長レベルは主要セクターによって異なり、市場規模が大きいセグメントのいくつかは、小さいセグメントよりもはるかに成長が鈍化すると予想される。

本レポート(完全版はこちら)では、2028年における市場全体のデータとして、デバイス分野別の売上高、上位10社、大手各社の研究開発費などを取り上げている。 2028年の市場最大手に変化はないと予測しているが、正常な状態に戻りつつある企業に便乗している企業、あるいは、ひと波乱あって地上に戻ってくる企業、どちらにもシフトがある。

トップラインのデータだけでなく、5つの主要な医療技術分野を掘り下げて、各分野の有力者を動かしているものを見てみよう。 体外診断、心臓病学、眼科、画像診断、整形外科など、すべてがここで取り上げられている。

報告書全文には多くの示唆に富む内容が盛り込まれており、見出しをざっと見たい方はインフォグラフィックもダウンロードできる。 もちろん、大手企業や新しい機器、FDAの承認に目を光らせるEvaluate Vantageを購読すれば、医療技術業界のあらゆるマーケット・ニュースを把握することができる。

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.