検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

BIOインターナショナル2023の5つの要点

数週間前、2018年以来となるBIOインターナショナルがボストンに戻ってきた。

ボストンはエバリュエイトの米国における本拠地であるため、私たちは巨大なボストン・コンベンション・センターに向かい、19,000人の製薬、バイオテクノロジー、投資の専門家たちとともに、ミーティング、プレゼンテーション、ネットワーキング、そして足の痛む4日間を過ごした。 ほとんどのエバリュエーション・チームと違って、私は今回が初めてのBIOだったので、4日間でできるだけ多くのことを学ぼうという使命感に燃えていた。 以下は、BIO 2023から私が得た最大の収穫である。

  1. 取引への関心は尽きない
    2022年はM&Aにとって低調な年であったかもしれない-件数はともかく金額では-が、業界全体ではディールが行われる原動力は十分にある。 EYの最近の報告書によると、バイオテクノロジー企業の55%が、最長でも2年間継続できるだけの資金しか持っていない。 これに加えて、一部の大手企業のパイプラインはかなり色あせており、IPOの窓口は頑なに閉ざされている。 ところで、私たちはBIOのために、ディールメイキングの現状に関する特別レポートを作成した。
  2. 「ファースト・イン・クラス、ベスト・イン・クラス」が信条
    私は3日間にわたって十数個のセッションに参加したが、大手製薬会社や大手バイオテクノロジー企業が登場するほとんどすべてのパネルで、このような話を聞いた。 これは常に、”良いデータ “と “良い科学 “という言葉に支えられていた。 私が気に入った言葉のひとつは、ロワヴァンのマット・グラインCEOの「優れたデータを生み出すのに悪いタイミングはない」というコメントだ。 ディールを行おうとするバイオテクノロジー企業にとって、ファースト・イン・クラスやベスト・イン・クラスの可能性を提供するデータは不可欠であり、コマーシャルについても説得力のあるデータがなければ、ディールは成立しない。
  3. 柔軟性がすべて
    データを正しく扱う企業には、大きなチャンスがある。 どのセッションでも、投資家、大手製薬会社、バイオテクノロジー企業のパネリストが、取引構造の柔軟性に対するオープンな姿勢について語った。 エクイティ、地域契約、アップフロント、マイルストーン……焦点は、双方のパートナーに適した取引を成立させることだ。 大企業にとっては、資産を市場に投入するために何が必要かを理解し、どこに彼らの専門知識(と現金!)を注入できるかを理解することだ。 もうひとつの側面は、誰が何をもたらすのかという点で、文化的な面や両党のビジョンの共有である。
  4. IRAの意味は人によって異なる
    必然的に、多くのセッションでインフレ抑制法(IRA)についての議論が交わされた。 大手製薬会社からは「懸念」「失望」「問題」といった言葉が飛び交ったが、これは驚くことではない。 しかし、中小のバイオテクノロジー企業にとっては、価格交渉の対象となる医薬品のリストに載るということは、持っていて損はないという感覚があった。 J&Jの投資部門のマリアン・ナカダ氏は、もし企業が本気で病気を治すのであれば、IRAは影響を与えるべきではないと指摘した。 シード投資家は、企業の初期段階において、低分子と高分子について質問する必要があるかもしれない。
  5. 産業界は早期承認の道を非常に重視している。
    基調講演のひとつでは、ロバート・M・カリフFDA長官が、現在のパスウェイについての見解と、確認試験の結果を待っている医薬品の償還率が下がる可能性について語った。 その後のパネルディスカッションでは、このことが投資決定にどのような影響を与えるか、また償還に関する確実性の必要性について懸念が示された。 中小のバイオテクノロジー企業は、AAパスウェイなしでは希少疾患(95%は治療法がまったくない)の「大きなアンメット・ニーズ」を満たすことは不可能だと考えていた。 IRAと同様、これはかなり多くの議論を呼び起こすもので、夜のバーでのコメントは、ステージでのそれよりもむしろ控えめだったのではないだろうか!

この4日間にはもっと多くのことが取り上げられたが、これらは繰り返し取り上げられたテーマの一部である。 パネル、基調講演、そしてショーフロアに参加した皆さん、本当にありがとうございました!(子犬とアイスクリームを用意していた隣のブースも含めて!)BIO 2024がとても楽しみです!

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.