検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

遺伝子編集:過剰宣伝か、止められない潮流か?

Crisprが初めて話題になってから10年が経ち、現在、このアプローチを使った最初の製品が認可されようとしている。 しかし、遺伝子編集が主流になろうとしているのか、それともその欠点や規制当局の警戒が足かせとなっているのか。

そこで、遺伝子編集の課題、機会、潜在的な影響について意見を聞くため、業界のリーダーたちに話を聞いた。 本レポートでは、ヴァーブ・セラピューティクス、プライム・メディシン、ビーム・セラピューティクスなどのインタビューを掲載。

新レポートをダウンロードして、この最先端市場の目標と現実についてもっと知ってほしい。

ケース・ユー・ミス・スリー・シングス-私たちが学んだ遺伝子編集-ウェビナー-特徴画像

今すぐダウンロード








シェア

関連ブログ

文脈を理解する。 製薬、バイオテクノロジー、医療技術分野のデータ主導のニュースと分析。