検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

H1ラウンドアップ:持てる者と持たざる者

2023年はマンネリ化したスタートとなったが、第2四半期にはバイオ医薬品の株価が息を吹き返し、Evaluate Vantageの対象企業の評価額は1,410億ドル上昇した。 しかし、この好転の主役は大手製薬会社であり、特に、肥満フランチャイズに対する楽観論に支えられ、今や時価総額で最大の製薬会社となったリリーである。

バイオ医薬品のディールメーキングにおいて、M&Aは話題になっているが、投資家の警戒心は根強い。 ベンチャー・ファイナンスは増加傾向にあり、「持てる者」と「持たざる者」の間の格差は拡大している。 IPOシーンは盛り上がっているが、これが着実な復活を示すかどうかはまだわからない。

医療技術に目を移すと、FDAの承認件数は2023年上半期だけで2022年通年の件数にほぼ匹敵する。 対照的に、M&Aやベンチャー・ラウンドは少なかった。 数少ない取引は、革新的な買収よりも売却に傾いており、医療技術のIPOは2023年上半期にゼロとなった。

上半期ラウンドアップをダウンロードし、上半期の出来事を分析し、2023年の展望に役立てよう。

Download Now

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.