Search
Close this search box.
Search
Subscriber Log In

【特集】グローバルの医薬品は2028年まで高成長続く :日本企業はアライアンス減少から買収攻勢に転じるか

~医療用医薬品の売り上げは2028年まで年率6%成長に~
Evaluateが2023年8月に発行した『World Preview 2023』では、グローバルにおける医療用医薬品の売上高は、2028年まで年率6%と高い成長を続けると予測している。
疾患別売上高の2022年実績と2028年予測をみると、がん領域の年成長率が10%、内分泌(肥満症薬を含む)領域が7%、神経疾患領域が8%と伸びを示す一方で、感染症領域はマイナス3%と減少傾向になる。短期的には新型コロナ感染症のパンデミックが終息に向かうこと、長期的には内分泌や神経疾患、がん領域が伸びて、結果的には医療用医薬品全体の売り上げ拡大をけん引すると予測されている。

本レポートでは、事業開発・アライアンスの展望を中心にグローバルと日本の製薬業界の現状や、今後の展望を紹介する。

右記のフォームより続きをご覧ください。

Download Now








Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.