検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

製薬業界に革命を起こす:バイオファーマ大手におけるデジタルヘルスの役割を解き明かす

新たな治療法の開発に成功した場合の報酬は数十億ドルに上るが、研究開発コストやリスクも非常に高い。 製薬業界におけるデジタルヘルスやAIツールの多くが、効率化を重要なターゲットのひとつにしていることは、驚くにはあたらない。 従って、既存のバイオファーマ企業の多くが関心を寄せている分野であることも納得がいく。

ガレン・グロースが毎年発行している「Pharmaceutical Innovation Index」レポートの最新版では、デジタルヘルス領域で最も積極的なバイオ製薬企業を指数化し、このトピックに焦点を当てている。 本レポートでは、アストラゼネカ、ロシュ、GSK、ギリアド・サイエンシズ、ノボ・ノルディスクを含む上位25社を分析し、その戦略的焦点、パートナーシップ・ポートフォリオ、ヘルスケアの将来への潜在的影響力を総合的に評価している。

なぜ私たちは、デジタルヘルス領域におけるバイオファーマの役割に注目しているのでしょうか? デジタルヘルスは、ヘルスケアの提供・管理方法を変革する可能性を秘めており、多くのバイオ製薬企業がこの可能性から利益を得る立場にある。 より多くのバイオ製薬企業がデジタルヘルスに積極的に取り組んでおり、バイオ製薬企業上位25社の提携シェアは2021年の57%から45%に低下している。 多くのバイオ医薬品企業が特許切れやパイプラインの空白に直面している中、デジタルヘルスは継続的成長への新たな道として有望視されている。

ガレン・グロースは、過去5年間にデジタルヘルスベンチャーと9,000件以上の提携を記録しているが、そのうちバイオ製薬企業との提携は9%であり、製薬企業が占める割合は小さいが重要である。 保険会社、病院、そしてもちろんハイテク企業などが残りの91%のパートナーシップを占めている。

バイオファーマ出身者であれば、本レポートは、デジタル・ヘルス・イノベーションの可能性を活用するために戦略的に最適な企業はどこかという視点で、現在の状況を把握するのに不可欠なスナップショットを提供する。 デジタルヘルス分野に参入する製薬企業の数は増加しており、製薬企業とのデジタルヘルス提携のほぼ4分の3が何らかの形で人工知能を含むという事実を知っても、おそらくショックはないだろう。 ガレン・グロースが発表したジェネレーティブAIの台頭に関する最新レポートをまだご覧になっていない方は、こちらをご覧ください。

デジタルヘルス、バイオ医薬品、金融のいずれに携わる方であれ、この新しいレポートには多くの示唆がある

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.