検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

BIOヨーロッパからのテーマ

しかし、バイオ医薬品市場の現状を示す良い指標であり、2024年に製薬とバイオテクノロジーに何が期待できるかを教えてくれるものだと思うので、要約しておきたい。

1.取引
競争の激化によって医薬品のライフサイクルが短縮され、ピーク時の売上が以前の傾向よりも2年早まっている。 後期開発段階のアセットが入手しにくくなり、競争も激化していることから、ディールメーカーは、買収やライセンス契約の対象として、PoC前後のアセットに目を向けざるを得なくなっている。 製薬会社も戦略の転換期を迎えており、将来のパイプラインの大部分を自社研究ではなく、買収やライセンス供与によって構築することを目指している企業が多い。 初期段階の取引に伴うリスクが大きいということは、バイオテクノロジー企業が初期段階の投資家にとって魅力的であるためには、初期段階の製品やプログラムについて、明確な市場差別化、臨床的実行可能性、財務的評価を提供する必要があることを意味する。

ディール戦略の変化はディール構造にも影響を与えており、今後のアーリーステージのディールでは、一時金や株式出資が好まれる。 この資金は、残りのパイプラインを拡大することで、バイオテクノロジー企業の初期研究と企業開発を支援する。 株式は、パートナーシップへのコミットメントを示すだけでなく、投資家の広範な戦略に沿った意思決定に影響を与えることができる魅力的なものである。 全体として、製薬会社は、バイオテクノロジーへの初期段階投資のために多額の資金を用意していることを熱心に発表したが、バイオテクノロジー会社は、これらの資金がどの程度容易に利用できるのかについては慎重であり、また、このような初期段階の製品の評価についてはやや神経質になっているようであった。

2.法制
また、2つの重要な法改正も業界の懸念材料となっている。 米国では、インフレ削減法(IRA)が低分子医薬品の販売額に大きな影響を与えると同時に、生物製剤や希少疾患領域への開発のシフトを余儀なくされる。 IRAはまた、製品がフルプライスで市場に投入されるまでの時間を短縮するため、臨床移行と開発スケジュールを早めるよう開発者にさらなる圧力をかける。 これは、先日のワールド・プレビューのウェビナーや レポートでも取り上げられたことだ。

EUでは、3年以内にEU27カ国すべてで発売できなければ、製品のIPを2年短縮するという法改正が提案されている。 これは、製品の財務的な実行可能性に大きな影響を及ぼし、27カ国すべてを個別に対象とするリソースを持たない小規模製薬企業に不釣り合いな影響を与えるだろう。 その結果、小規模な製薬会社は大手製薬会社にライセンス供与したり、米国やアジア市場に投資や開発を集中させたりする傾向が強まるだろう。

3.AI
一般的なコンセンサスは、AIは今後5〜10年で大きな影響を持ち始め、開発コストを最大40〜60%削減し、成功の可能性を2〜3倍に高めるというものだった。 開発戦略における重要な変化は、AIが疾患ベースではなく、作用機序やバイオマーカーの観点から製品を調査することで、より多様なモダリティを検討できるようになったことだ。 しかし、短期的には、AIによる最大の影響は、ワークフロー、シミュレーション、患者分析の効率化を推進することにある。

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.