検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

より良く、より安く? 注目される医療技術のデジタル化

医療技術はデジタル化している。

医療技術のデジタル化例えば、遠隔モニタリングや再プログラミングを可能にするソフトウェアが組み込まれたインプラントや、電子カルテと自動的に統合された結果をもたらす診断技術や画像技術などである。

医療技術のデジタル化は、患者により良い医療を提供すると同時に、コスト削減を約束する。 しかし、これがスムーズに機能するためには、セクター全体の移行を慎重に管理する必要がある。 私は、5月にロンドンで開催されたLSXの会合でパネルのモデレーターを務め、この業界のステップ・チェンジから利益を得ようとする医療技術企業が取り得る措置について議論した。

ボストン・サイエンティフィックのデジタル・ソリューション&能力開発リーダーであるギル・ラビー氏は、「医療機器メーカーは遠隔サポートを推進することで、患者の移動時間を減らし、同時に迅速な対応を可能にすることができる。 特にヨーロッパでは、医療システムは非効率的である可能性があり、デジタル支援プログラムを利用して効率を改善することで、患者のシステムへの出入りを迅速化し、適切な製品を適切な場所に適切なタイミングで届けることができる。

しかし、長期的なコスト削減のためには、短期的な投資が必要である、とアボット・バスキュラー社の地域ディレクター、ジョナサン・ウッド氏は指摘する。 プラットフォームや技術は、相互運用が可能で、医師間の患者に関するコミュニケーションがより円滑になるように変更されなければならない。

相互運用性が鍵だ。 ある製品が既存のシステムと簡単に通信できない場合、病院のある部分には適合するが別の部分には適合しない場合、あるいは近隣の病院や患者を病院に紹介する主治医と連携できない場合、その製品は役に立たないに等しい。 理想的には、政策立案者が医療技術、大手技術、ベンチャーキャピタル、医療提供者、支払者といったさまざまなパートナーを集め、デジタル化された機器の相互運用性に関する基準を設定し、国家レベルで行動を起こすことである。

また、医療技術グループのデジタル化が早すぎて、顧客である病院や医院が対応しきれないというリスクもある。 新しい技術が病院の既存のワークフローに統合できない場合、その導入は遅々として進まないだろう。そのような状況では、企業は医療提供者がその手順を変更するのを助けるためにできることをしなければならない。

最初からシームレスにフィットする機器やソフトウェアがあったほうがずっといい。 しかし、欧州のシステムにはデジタル成熟度の幅があるため、国の政策がない場合は、さまざまなレベルの顧客に合わせたデジタルサービスを提供する必要がある。

デジタル化戦略を持つことは、要求が高くコストがかかるかもしれないが、少なくとも競争力の観点からは必要不可欠である。 医療技術が投資や買い手を惹きつけるには、あるいは単に商業的に成功するには、他の分野と差別化する必要がある。

製品提供をデジタル化することは、医療技術企業が似たり寄ったりの競合他社と差別化する一つの方法である。 弱気な市場において、またインフレが始まるにつれて医療制度が資金をさらに引き伸ばそうとする中で、競争上の優位性はどんなものでも掴まなければならない。 今デジタル化に投資することは、長期的には大きな利益をもたらすだろう。

LSXパネルの録画はこちらでご覧いただけます。また、LSXでのマドレーン・アームストロングのビデオレポートもこちらでご覧いただけます。

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.