検索
Close this search box.
検索
Subscriber Log In

競合他社のインテリジェンスインサイト細胞・遺伝子治療

開発中の細胞・遺伝子治療(C&GT)ベースの治療法の数は、過去20年間で大幅に増加し、今後もその傾向が続くと予想される。 この複雑でダイナミックな市場を常に把握することを任務とする競合情報チームにとって、考慮すべきことはたくさんある。

C&GTにおける初期の技術革新は小規模なバイオテクノロジー企業によって先導されてきたが、大手製薬企業もすぐにこれに追随し、自社プログラムを立ち上げるために大規模な取引を行った。 このことは、この分野でのディール量が中長期的には鈍化する可能性があることを意味するが、ビッグファーマによる高価値の疾患ポートフォリオのリンチピンの探索も続いているため、その価値は増加し続ける可能性がある。 バイオテクノロジー市場参入企業に対する大手製薬会社の競争力は、自社内の能力・能力をどのように展開し、市場投入までの時間を短縮するか、あるいは補完的な治療薬を買収して戦略的にポートフォリオを強化するかに最も顕著に現れるだろう。

これはバイオテクノロジー企業にとって何を意味するのだろうか?

C&GT分野に新規参入するバイオテクノロジー企業は、大手製薬会社や他のバイオテクノロジー企業の競合他社を警戒し続ける必要があるが、その理由は異なる。

  • バイオテクノロジー企業:これらの企業は、比較的少ない予算で最大限の効果を上げようとするため、固有の脅威となる。 バイオテクノロジーのC&GT企業は、競合他社の決算発表や一般的な企業コミュニケーション、上級役員採用や全体的な人員数、資金調達や一般的なディールメーキング活動を追跡することで利益を得られる可能性がある。
  • 大手製薬会社:大手製薬会社のディール動向や特定のC&GT手法に対する意欲をモニターすることは、次にどのバイオテクノロジー企業が景観を変えるようなディールを仕掛けてくるかについて、貴重な方向性を示す情報を提供することにもなる。

大手製薬会社はどこに焦点を当てるべきか?

C&GTの大手製薬企業も同様の競合情報の課題に直面しているが、多くの場合、パイプラインやポートフォリオ戦略が大きく重複している場合には、競合他社のポートフォリオを監視する必要がある。 競合情報の追跡だけでなく、大手製薬会社は事業開発目的のモニタリングも有益であり、潜在的なM&A活動に情報を提供するために、主要な状況イベントや触媒に関する定期的なアップデートを確保することができる。

M&Aの面では、細胞治療や遺伝子治療をめぐる提携への意欲はここ数年変化している。 エバリュエイト・ファーマによると、遺伝子治療は2021年にさまざまな治療分野でおよそ145億ドル、23件のディールを誘致した。 しかし、ノバルティスがボイジャー・セラピューティクスと18億ドルで提携するなど、依然として大規模な取引が行われている。

細胞治療と遺伝子治療の分野が成長・拡大し続けるにつれ、大手製薬会社や小規模バイオテクノロジー企業が成功し、持続可能な成長を遂げるためには、組織化され、十分なリソースを確保したCI機能が必要となる。 CIチームがC&Gの状況を明確に把握できるようデザインされた当社の次回のレポートは、最も注目されている適応症、トッププレーヤー、ディールメーキングのトレンドなど、より詳細に掘り下げる予定である。 近日中にレポートを発表しますので、ご期待ください!

Share

Related Blogs

Understand the context. Data-driven news and analysis for the pharma, biotech and medtech sectors.